キッチンでの燻製の作り方(体験談)の紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キッチンで手軽に燻製
を目指して燻製をしてきました。が・・・・

ふつうの鍋では大きな網が入らす、少量しかできませんでした。

そこでしもべえさん燻製道士で使われている中華鍋で燻製を
したいと思っていたらなんと100円ショップに手ごろなものを発見

中華鍋で燻製


100円ショップなのに100円ではないですが安く手に入れることができました。!!
これで、1回に2品くらいできるようになるかな。では早速といきたが

今日はすでに遅いのでまたつづく・・・・

[PR]
   【代引料無料】楽天で一番安い店はこちら
スポンサーサイト
燻製につかう中華鍋を100円ショップで手に入れました
こちらを参照

説明書を読むと・・・ふむふむ、防錆塗料を焼ききるため空焚き
をする必要があるらしい

そこで、中火で火にかけてしばらくすると

煙がもくもく!!しかも臭い、目が痛い、あわてて換気扇を最強
に、かなり体に悪そう(涙)

しばらくすると煙がおさまるが、そこだけが変色周りがまだ塗料が
残っていたので、鍋をかたむけ全体の塗料を飛ばすと

中華鍋で燻製
中心部だけが変色しているがこんなものかな??


よーーし、つぎは網。家にあった網を載せてみると
中華鍋で燻製
かなり使いこんだ網だがなかなかいいのでは


あと一つ足りないものが・・・蓋だ!家にある蓋は・・・・あれ
使用中のため今日は使用を断念

でもできる目処がたち、わくわくしてきました

[PR]
   【代引料無料】楽天で一番安い店はこちら
燻製道具(干し網)

燻製をするのに

鍋(網、15cm)

 

中華鍋(網 28cm)

燻製作り(スモークチーズ)

中華鍋で燻製


と鍋が大きくなった分、作れる量が増えました。そこで問題となったのは
燻製前に行う乾燥です。従来は

ザル


のようなザルで干していましたが、当然干せる量もすくなく
平らな部分がすくなく大きい物がほしくなりました

そこで、先人たちの使用しているものを調べると
干し網を使っている方(しもべさん)がいらしゃいましたので
ので参考に調べると

100円ショップの干し網・・・耐久性が低く変形する

とあるため、100円ショップをよく利用しているが断念

いろいろ調べるとこんなものがありました

 コールマン・ハンギングドライネット
小さくたためるのが良い!!
【楽天で一番やすい店はこちら】 

干し網 3段 40cm(約40×40×H55cm)
【楽天で一番安い店はこちら】

   画像クリックで拡大

本当はコールマンハンギングドライネットがほしかった
のですが、たまたま干し網が安く売っていたため
燻製 作り方

こちらを購入
後は・・・・燻製を待つのみ

燻製道具 中華鍋の蓋

燻製用に100円ショップで買った中華鍋と家にあった
鍋蓋を組み合わせると
燻製道具

とどう見てもミスマッチ

不満な点(キッチンで燻製するには辛い点)
  • 中華鍋より小さいため背の高い食材に使えない
  • 中が見えないためあける必要があり
  • ごらんの通り中華鍋と蓋の隙間があり煙が漏れる


以上を考えて選ぶ基準は
  • 中華鍋にフィットする
  • ガラス付き
  • できれば平らでなく山形
  • 財布にやさしい価格

まず中華鍋もあったから蓋もあるだろうと100円
に行ったが鍋の28cm用のものがなかった

そこで選んだのはこちら

フライパン・いため鍋カバー26・28・30cm用
【楽天で一番安い店はこちら】

燻製用に100円ショップで買った中華鍋に付けてみると
燻製道具
一見よさそうに見えるが取っ手に蓋の端が当たりわずかに
浮いているが良しとしよう!!

これで思い存分キッチンで燻製再開だ~~~

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。